利用規約

第1条 定義

本規約において用いる用語の意味は、以下のとおりとします。

  1. ① 「葬儀」とは、弊社サービス「小さなお葬式」にて執り行う葬儀を総称していいます。
  2. ② 「葬家」とは、喪主などの葬儀を中心的に執り行う遺族のことをいい、葬儀を執り行う権限を有することを保証するものとします。
  3. ③ 「訃報連絡受信者」とは、「enishi」(以下「本サービス」という)にて葬家又はその他の者から訃報連絡を受けた者を総称していいます。
  4. ④ 「支援者」とは、本サービスを利用して葬家から通知を受けた葬儀において、葬家に対して支援を送る者を総称していいます。
  5. ⑤ 「支援」とは、本サービスを利用して葬家に対して故人への供養の気持ちや、葬家への支援の気持ち等を表すための金員等、葬家に対して送られるものを総称していいます。
  6. ⑥ 「弔電メッセージ」とは、本サービスを利用して故人、または葬家に対して送られるメッセージを総称していいます。
  7. ⑦ 「利用者」とは、「葬家」「訃報連絡受信者」「支援者」を含む本サービスを利用する者を総称していいます。

第2条 本サービスの内容

  1. 葬家は、本サービスにて自らが行う葬儀について、親族・友人・知人等へ訃報連絡を送ることができます。
  2. 葬家は本サービスにおいて、訃報連絡受信者から支援を受付けるかを自らの意思により選択することができます。ただし、訃報連絡を送信した後に上記の意思を変更することはできないものとします。
  3. 葬家は、本サービスの利用にあたり、支援の受付けを希望した場合、支援者より集められた支援金の受け取りをするための金融機関口座の登録が必要となります。また、登録の金融機関口座は、当該葬儀の喪主名義の口座のみとします。
  4. 本サービスは、利用にあたり葬家が作成した訃報連絡を受け取った訃報連絡受信者が、善良な管理者の注意義務を持ってそれを管理し、故人もしくは葬家に縁のある第三者に広めることになります。それにより、利用者が何らかの不利益を被ったとしても当社はその責任を一切負わないものとし、利用者はその可能性を理解したうえで本サービスを利用することとします。
  5. 訃報連絡受信者は、本サービスにて訃報連絡を受領することにより、自分以外の故人・葬家それぞれの縁者に対して任意に当該葬儀の訃報連絡の送信や、葬家に対して弔電メッセージの送信、支援をすることができるものとします。ただし、本条第2項において葬家がそれを望まない場合は、この限りではありません。
  6. 当社は、当社の都合により、本サービスをいつでも追加、変更、中断、終了することができます。

第3条 支援の支払い

  1. 支援者から葬家に対しての支援は、火葬日から7日間受け付けるものとし、当社は受付終了時点までに取得している決済情報をもとに、受付終了から7日を目安に葬家に支払います。(当該日が土日祝日にあたる場合は、その後倒しとします)ただし、葬家が本利用規約に違反した場合、または、その他葬家に支援金を支払うことが適切ではないと合理的に当社が判断する場合等は、この限りではありません。
  2. 支援の支払い先の口座について、口座名義と当該葬儀の喪主名が一致しない場合には、支援のお振込みを行えない場合がございます。また、その場合には当社から葬家へ確認のご連絡をさせていただきます。
  3. 葬家は、集められた支援について、受け取りの辞退をできないものとします。ただし、別途当社と合意があった場合はこの限りではありません。

第4条 支援の使途

支援者が行った支援金の使途は、葬家の自由裁量に委ねられるものであり支援をした支援者の意思に拘束されないものとし、当社はこれについて一切の責任を負わないものとします。

第5条 支援の返還・キャンセル

  1. 当社ないし葬家は、
    1. ① 葬家都合による葬儀の中止等その他の事情変更
    2. ② 支援の対象とした葬儀に関する誤信
    3. ③ 第三者との間での問題発生
    4. ④ 本サービスの追加、変更、中断、終了
    その他いかなる理由があっても、一度支援者から本サービスを通じて受領した支援については、返還することはできないものとします。
  2. 前項の定めに関わらず、葬家が本利用規約に違反した場合、または、その他葬家に支援金を支払うことが適切ではないと合理的に当社が判断した場合には、当社が取得している支援金の決済情報をキャンセルすることがあります。この場合、当社は、その理由について開示義務を負わず、また、利用者に不利益・損害が発生した場合においても、当社はその責任を負いません。
  3. 第3条第2項において、当社からご連絡させていただいたにも関わらず、口座名義と当該葬儀の喪主名が一致しない状態が、火葬終了後14日間続いた場合、当社は支援金の決済情報をキャンセルさせていただきます。このキャンセルの処置について、利用者は異議を申し立てられないものとします。

第6条 与信枠の確保

当社は、支援者が登録したクレジットカードのご利用限度額枠内から、支援者による支援金額相当額について、優先的に決済が可能になるよう確保することができるものとします。かかる確保枠は、決済が完了した段階で解除させていただきます。なお、クレジットカードの与信枠の確保期間中は支援者のクレジットカード限度額のうち、当社に優先決済権がある確保金額分は、ご利用頂けませんので、ご留意ください。

第7条 手数料

  1. 本サービスの利用に際して弊社から利用者に対して請求する手数料は発生しないものとします。
  2. 前項以外に、当社の責めに帰さない事由によって生じた費用(指定された口座情報の誤りによる再振込み等)については葬家の負担とします。
  3. 当社は、葬家の事務作業、振込手数料軽減のため、別途特段の合意をしない限り、支援金から本条2項に記載する手数料相当額を相殺したうえで葬家に支払うものとします。

第8条 税金

  1. 本サービスを利用する場合には、葬家又は支援者に対し、税金が課せられることがありますが、かかる課税について当社は一切関与しないものとし、利用者が自らの責任で処理するものとします。
  2. 本サービスにより行われる支援は、個人に対する寄付のため基本的に寄付金控除の対象にはなりません。

第9条 葬家についての免責

  1. 当社は、葬家並びに葬儀についての情報の正確性について保証するものではなく、当社はこれについての一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、利用者間で万一紛争が生じた場合、何ら関知せず、責任を負わないものとします。ただし、それが当社の責めに帰すべき事由によるものであると認められる場合は、この限りではありません。

第10条 パスワードの管理

  1. 利用者は、自己の責任において、本サービスに関するパスワードを適切に管理及び保管するものとし、当社が書面又は電磁的方法により別途承諾した場合を除き、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、売買等をしてはならないものとします。
  2. 当社は前項に定める承諾を行った場合を除き、当該利用者の登録パスワードを利用して行われた一切の行為を、当該利用者本人による行為とみなすことができるものとします。
  3. パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は当該利用者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

第11条 禁止事項

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。本サービスを利用して利用者が行うあらゆる行為について利用者自身が一切の責任を負い、利用者の行為によって当社、並びに、当社の役職員、従業員、当社の関連会社、本サービス運営上の関連会社に損害が生じた場合、利用者は一切の損害を賠償する義務を負うものとします。

  1. 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
  2. 公序良俗に反する行為
  3. 当社、本サービスの他の利用者又はその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
  4. 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
  5. 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
  6. 当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為
  7. 第三者に成りすます行為
  8. 当社が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、公告、勧誘、又は営業行為
  9. 反社会的勢力等への利益供与
  10. 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にする行為
  11. その他、当社が不適切と判断する行為

第12条 反社会的勢力の排除

  1. 利用者は、当社に対し、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    1. ① 暴力団
    2. ② 暴力団員
    3. ③ 暴力団準構成員
    4. ④ 暴力団関係企業
    5. ⑤ 総会屋等、社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団等
    6. ⑥ その他前各号に準ずる者
  2. 利用者は、当社に対し、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約するものとします。
    1. ① 暴力的な要求行為
    2. ② 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. ③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. ④ 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. ⑤ その他前各号に準ずる行為
  3. 利用者が、本条に該当する場合、当社の判断により、利用者について本サービスの利用の停止の措置を講ずるものとします。この場合、当社は、その理由について一切開示義務を負わず、また、利用者に不利益・損害が発生した場合においても、当社はその責任を負いません。

第13条 本利用規約又はその他当社が定める規約等違反行為等への対処

  1. 利用者が本利用規約又はその他当社が定める規約等に違反したと認められる場合、その他当社が必要と認める場合は、当社は当該利用者に対し、本サービスの利用の停止その他必要な処分をすることができるものとします。ただし、当社はその義務を負うものではありません 。また、これらの処分により利用者に不利益・損害が発生した場合においても、当社はその責任を負いません。
  2. 利用者は、当社が本利用規約に基づいて行った本利用規約に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできないものとします。
  3. 利用者の行為によって当社に損害が発生している場合、当社が第1項の措置をとったかどうかにかかわらず、当社はその利用者に対して損害賠償請求をすることができます。

第14条 機密情報の取扱い

  1. 利用者は、本サービスにおいて知り得た情報について、善良な管理者の注意義務をもってこれを管理し、故意に葬家や故人、故人縁者と縁のない者に漏洩・開示しないことに同意します。
  2. 利用者は、万一、個人情報・機密情報を漏洩し、又はそのおそれがある場合は、ただちに当社に通知し、故意又は過失の有無を問わず、利用者の費用と責任でこれに対処するとともに、当社に生じた一切の損害を賠償するものとします。

第15条 利用者情報の取扱い

  1. 当社による利用者情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシー(https://www.osohshiki.jp/privacy/)の定めによるものとし、利用者はこのプライバシーポリシーに従って当社が利用者の利用情報を取扱うことについて同意するものとします。
  2. 当社は、利用者が当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。

第16条 本利用規約の変更

当社は、事前の告知なく本利用規約を変更できるものとします。当社は、本利用規約を変更した場合には、当社が必要と思われる利用者のうち、当社が連絡手段を有する者に対して当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、利用者が本サービスを利用した場合には、利用者は、本利用規約の変更に同意したものとみなします。

第17条 通知

  1. 当社から葬家及び支援者に対する通知その他の連絡は、当社指定の方法にて行うものとします。ただし、当社が必要であると判断した場合には、当社から当該利用者の登録電話番号やメールアドレス等に個別的に通知を行う場合があります。ただし、利用者が登録電話番号やメールアドレス変更の届出を怠る、あるいは利用者が当社からの通知を受領しないなど利用者の責めに帰すべき事由により、当社が行った通知又は送付した書類等が延着し又は到達しなかった場合は、通常到達すべき時に到達したものとします。
  2. 利用者から当社への連絡は、本サイト下部の「お問い合わせ」フォームより、所定のフォームに従ったメールの送信により行うか、小さなお葬式ホームページ(https://www.osohshiki.jp/)記載の電話番号へ電話で行うものとします。なお、本サービスについてのお問い合わせのメール及び電話の受付時間は、祝祭日、年末年始を除く平日(月曜日~金曜日)の午前10時~午後5時までとし、午後5時以降に受信したメール及び電話については、翌営業日に受信したものとして扱うものとします。

第18条 分離可能性

本利用規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して効力を有するものとします。

第19条 準拠法及び管轄裁判所

  1. 本利用規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 利用者と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。